FXキャンペーンにより個人口座数も増加傾向

昨年からのアメリカの金融緩和とアベノミクスによる日銀のかつてない金融緩和の継続で、為替相場は大きく動きました。その後アメリカ経済の回復により金融政策の転換で、為替相場での円安傾向もより強まりを見せていますが、それとともに個人向けFX取引会社の数も増加し、また個人投資家のFX投資への取り込むキャンペーンも様々に見られるようになっています。

FX各社のFXキャンペーンの多くは無料の口座開設から始まり、そして一定量の取引を達成した場合に一定額のキャッシュバックするというものが多いようですが、実際FXキャンペーンにより個人口座数も増加傾向が続いています。個人口座でのfx取引では各社の設定した範囲内のレバレッジ機能を利用できます。投資資金のリスク許容度を自分で選択し、その倍率を設定します。また為替相場は動意付くと短期間で、しかも大きく変動することも少なくありません。ですからレバレッジを抑えローリスクの投資方法を選んでも比較的大きなリターンを得ることも可能ですし、ハイリスクを選択すれば当然リターンはより大きくなります。

ただやはりレバレッジの設定は慎重さが求められます。仮に相場が予想に反し変動した場合、当然損失もより多きくなるリスクがあるので、レバレッジの選択はあくまで損失を許容できる投資資金の範囲内での設定が最善といえます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。